【金ETF】GLDMは低コストでの金投資を実現する優良ETF【ゴールド】

オール・シーズンズ戦略

金価格に連動するETFで世界最大のETFはステートストリートが運用するGLDですが、2018年に同じステートストリートがより経費率を下げたGLDMという金ETFの運用を開始しました。

本日はこのGLDMについて、まとめてみました。

GLDMはGLDの低コスト版と言える金ETF

まず、世界最大の金ETF・GLDについてですが、こちらは2004年11月にNYSEに上場し、世界で最も運用残高が大きい金ETFです。

GLDは金地金の裏付けがあるため、実態のある金ETFとして機関投資家からの信頼も厚いのですが、経費率が0.40%と高めな点がネックでした。

GLDの運用開始以来、マーケットには類似のETFが溢れてきており、その多くがGLDをベンチマークにこれより安い経費率で運用することで資金を集めてきていました。

このような状況を受け、ついに本家ともいえるステートストリートが2018年6月に経費率を大幅に下げた同種の金ETFの運用を開始しました。

GLDと同じ運用スキームを低ロット・低コストで実現

ステートストリートはGLDMの主な特徴として下記を挙げています。

  • 費用控除前ベースにおいて、金現物の値動きに連動する投資成果を追求します。
  • GLDMは、容易かつ低コストで金へ投資したいと考える投資家向けの商品です。
  • 多くの投資家にとって、金現物の購入、保管および付保にかかる費用と比べ、GLDMの売買にかかる費用および経費率の負担の方が下回ると考えられます。

ざっくり言えば、「低コストで簡単に金に投資できる商品」ということですね。

下記のとおり、GLD同様、GLDMも金地金の裏付けがありますが、GLDが『経費控除後』での金地金価格との連動を目標とするのに対し、GLDMは『経費控除前』での金地金価格との連動を目標としています。

https://www.ssga.com/library-content/products/factsheets/etfs/apac/jp/Factsheet_GLDM.pdf

単純に考えるとGLDMの方が経費分パフォーマンスが劣後することになりますが、実際にはGLDも金地金価格に対して2004年の設定来で0.4%(年換算)ほどのラグが発生しています。

GLDMは設定日が2018年6月24日とまだ日が浅いですが、今のところ、金地金価格に対する設定来のラグは0.2%ほどでGLDに対して劣後するような事態にはなっていません

また、下表のとおり、総経費率は0.18%と、GLDの0.40%の半分以下に抑えられており、金地金の裏付けのある金ETFにおいては、最安水準となっています。

また、運用を開始からまだ2年ほどですが、金価格の上昇もあり、純資産総額は5月15日の20.6億ドル(約2,060億円)から9月4日には35.0億ドル(約3,500億円)まで急成長しています。

出典:https://www.ssga.com/jp/ja/individual/etfs/funds/us-spdr-gold-minishares-trust-gldm#

ただ、GLDは8兆円規模なので大きな差があり、多額の資金を運用する機関投資家は流動性の観点等から、GLDMではなくGLDを選好しているようです。

GLDMの運用実績(価格推移、リターン)

短期間ではあるものの、2018年6月29日から2020年9月4日までのGLDMのパフォーマンスを見てみましょう。

https://www.morningstar.com/etfs/arcx/gldm/quote

上記の青線がGLDM、赤線が金先物価格です。

設定来の地合いがよかったので、ここ2年でGLDは60%近いの値上がりを記録しています。

https://www.ssga.com/jp/ja/individual/etfs/funds/us-spdr-gold-minishares-trust-gldm#

上記のとおり、これまでのところ、ベンチマークのLBMA金価格と比較し、特段トラッキングエラーは発生していませんが、運用期間が短いこともあり、GLDとの比較優位性については、もう少し時間が経たないと判断しづらいかなと思っています。

ただ、個人的には経験豊富なステートストリートが運用していますので、投資判断に影響を与えるようなトラッキングエラーは出ないと考えています。

そもそもなぜ金に投資するべきなのか?

上述のとおり、GLDとGLDMが金への有力な投資手段であることは明白ですが、そもそも金への投資にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

レイ・ダリオ率いるブリッジウォーター社で、共同最高投資責任者を務めるボブ・プリンス氏がBloombergとのインタビューで以下のように語っています。

  1. 金価格は貨幣の価値を逆転させたもの
  2. 金はインフレ・ヘッジとして有効
  3. 危機発生時に金価格は上昇する

世界中の中央銀行が貨幣を刷り続けている状況において、貨幣は価値を失っていっており、今後も金価格が上昇していくことは必然であると考えられます。

このことから、金は当然インフレヘッジとしても有効ですし、過去の歴史を見れば「有事の金」と言われるように、経済危機や武力衝突といった事態においても、金を保有していることは有効なリスクヘッジの手段となります。

また、かのJ.P.モルガンが金について有名な言葉を残しています。

Gold is money, everything else is credit.

J.P. Morgan, 1912

金こそがマネーであり、貨幣を含むそれ以外のすべてのものは信用にすぎない、ということです。

少なくとも、金は他のアセットクラスとは性質が異なることから、ポートフォリオのDiversificationを高める観点から有効であると考えられていますし、近年、世界中の中央銀行が金の保有量を増やしています。

皆様もまだ金を保有されていないようであれば、ご自身のポートフォリオを一度確認いただき、金の保有についても検討されてはいかがでしょうか。

以上、低コストで金への投資を実現してくれる金ETF・GLDMについての考察でした。

本日も最後まで目を通していただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました