資産額ではなく、配当金額にフォーカスすることのメリット

初心者向け

本日は投資に際して一般的に意識される資産額ではなく、金融資産がもたらす配当金額を意識して投資を行うことのメリットについて、語ってみたいと思います。

※私自身も普段、最も意識を向けていることはポートフォリオが生み出すキャッシュフロー(配当金額)です。当ブログでは、金融資産額の目標は特に定めておらず、「オール・シーズンズ戦略」をベースとした安定性の高いポートフォリオを構築しつつ、年間CF250万円を目指すこととしています。

資産額と配当金額ではブレ幅が全く違う

資産額はマーケットの上下によって大きく増減しますが、配当金額は基本的には一定です。

したがって、投資行動の成否を資産額のみで評価していると、市況がいいときには実力以上の成果が出て過信してしまったり、もしくは目先の資産額の増加を求めて、近視眼的な思考に陥ってしまいがちになります。

さらに言えば、もし賢明な投資行動を取れていたとしても、マーケットがクラッシュすれば、資産額は恐ろしいほどに目減りしてしまいます。

個人的にはこの状況が与える影響は大きいと思っています。

多くの人が投資に失敗してしまう理由は、このような状況がもたらす精神的ストレスに耐えきれなくなるか、株価が持ち直すことを信じられなくなった結果、損切りしてしまうからです。

私の好きな投資の格言に「個々のディールの結果ではなく、自分が正しいことを行っているかどうかに集中しなさい」というものがあります。

毎月、一定額を買付に回しながら、資産配分にも注意してポートフォリオを構築しているのであれば、それは正しい投資行動がとれているということです。

そうであるならば、短期的な市況の影響に左右されない、より安定的でポジティブな要素に目を向けながら投資活動を行っていきたいと考えるのが普通ではないでしょうか。

私のなかではその答えのひとつが「投資成果を配当金額で計ること」でした。

配当金は基本的に積み上げ方式なので失うものがない

上述のとおり、配当金は基本的にはかなり高い確率で予測することができます。

債券や優先株の配当金はほぼ変動しませんし、株式においても銘柄選定を間違えずにしっかりとした分散投資を実行すれば、配当金のぶれ幅はかなり抑えることができます。

この配当金の下方硬直性から得られる結論は、配当金額は資金を投下すればするほど増えていくということです。

資産額ベースで考えると日々の相場の変動によって、毎月の入金が相殺され、短期的には資産額の増加にはつながらないことも多いです。

しかし、配当金額においては、今受け取ることのできる配当金に毎月の買付で増加した株式数分の配当がのってくることになりますので、確実にプラスの成果が得られます。

金融商品の購入価格は、いかに効率的に配当金額を増やすかという観点では重要ですが、いずれにせよ、金融商品を追加購入すれば、確実に今よりも多くの配当金額を受け取ることができます。

タイミングを計りすぎて投資機会を逸することが減る

資産額ベースの発想がもたらす負の側面のひとつが「この株だいぶ安いけど、もっと値下がりして損したらどうしよう」と考えて、投資機会を逸することが多々あるということです。

配当金マインドを持てば、その銘柄を購入した瞬間に将来のプラスのキャッシュフローが約束されると考えることができるので、その追加のキャッシュフローに満足できるのであれば、躊躇せず投資を実行することができます。

私自身についていえば、高値掴みをして後悔することよりも、安値で入ることを決断できなかったことを後悔することの方が多いので、自分の性格上も配当金重視の考え方を強めにもって投資判断を下した方がバランスの取れた決断ができると考えています。

※この「もっと安くなってから買おう」という考え方がもたらす問題点について、別記事にて解説しています。興味がある方はこちらもご覧ください。

最大のメリットは毎月の楽しみができること

最後になりましたが、個人的には配当金に着目する最大のメリットは毎月の楽しみができることだと考えています。

私のポートフォリオのベースになっている債券ETFは毎月分配金を出してくれます。

毎月、月初に入金があり、これを確認することが自分が徐々に経済的自由に近づいていっていることを確認できる瞬間でもあるので、モチベーション維持において非常に大きな役割を果たしてくれています。

また、追加で資金を投下すれば、翌月には入金額の増加という形で即座に成果を感じることができるので、どんどん投資に対する意識が高まります。

このことは家計管理や日々の支出削減といった点で確実にプラスの効果を生み出します。

そして、このプラスの効果が毎月の投資額とキャッシュフローの増加という好循環を生み出していくことになり、あとはこれをどれだけ長く、高い水準で継続できるかでその人の経済状況が決まるということになります。

私は2020年中に毎月の配当金を最低でも500ドル以上に引き上げる予定です。

目標とする250万円を達成するにはこの4倍の月2,000ドルが必要になりますので、まだ道のりは長いですが、必ず達成しますし、それまでの過程もこのブログを通じて発信していければと思っています。

本日は以上です。最後まで目を通していただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました